債務整理・過払い請求の悩みを解決へサポートするサイトです。

債務整理 過払い請求相談所
フリーワード検索

分かりやすく徹底解説!債務整理・過払いガイド

個人再生のQ&A

1.どんな人に個人再生の手続は適していますか?
A. まず、条件としては次の2つが必要です。

  1. 将来にわたって継続的、または反復する収入があると見込まれること
  2. 住宅ローンを除く債務の総額が5000万円以下であること

個人再生は、任意整理に比べて債務の総額を大幅にカットできるという長所がある一方、自己破産と違って一定の債務を返済しないければならず、多くの費用がかかります。したがって、任意整理をするには債務が多く残り過ぎ、自己破産をするには次のような問題のある方が適しています。

  1. 住宅ローンのある方
  2. 自分の職業が自己破産の資格制限にかかる方
  3. 破産手続を行った場合に免責不許可自由のある方

2.小規模個人再生と給与取得者等個人再生はどちらを選ぶべき?
A. 個人再生には、小規模個人再生と給与取得者等個人再生の2つの種類があります。 個人事業者などは、小規模個人再生しか選べませんが、決められた一定の給与を受け取るサラリーマン等の場合、どちらを選ぶことも可能です。

その場合、一般的には小規模個人再生を選択した方が債務者には有利です。なぜなら、小規模個人再生の場合、債務総額の5分の1を返済すればよいケースが多いのですが、給与取得者等個人再生の場合は、さらに弁済総額が、1年間あたりの手取収入額から最低限度の生活を維持するために必要な1年分の費用(最低生活費)を控除した額の2倍以上でないといけません。この可処分所得の2倍の額の方が債務総額の5分の1よりも大きいことが多いのです。

もっとも、小規模個人再生の場合は、債権者の半数以上、かつ債務額の半分以上が再生計画に賛成をしてもらわないといけません。反対する債権者が半数以上、あるいは債務額の半分以上になることが確実な場合は、給与取得者等個人再生の方がよいでしょう。

3.退職金や生命保険の解約返戻金、その他の財産がある場合はどうなりますか?
A. 一定額以上の財産があった場合、必ずしもすぐに現金化しなければいけないわけではありません。したがって、退職金が見込まれるから会社をやめないといけないとか、生命保険を解約しないといけないとか、財産は競売しないといけないといったことはありません。 ただ、その場合は、清算価値の合計額を算出し、その合計額以上の金額を弁済しないといけません。

4.必要書類にはどんものがありますか?
A. 個人再生手続を申し立てる際には、次のような書類などが必要となります。

  1. 申立書(職業、収入、申立てに至るまでの事情などを記載)
  2. 債権者一覧表
  3. 住民票の写し(外国人の場合には,外国人登録証明書)
  4. 財産目録(財産の内訳を記載)
  5. 源泉徴収票・給料明細書(給料の支払いを受けている場合)

裁判所によって必要な書類が異なりますので、詳しくは依頼した司法書士、弁護士にご確認下さい。

5.費用はどれくらいかかりますか?
A. 裁判所に納める実費、再生委員への費用、司法書士、弁護士への費用になります。

  1. 裁判所に納める実費
    申立手数料 : 1万円(収入印紙代)
    予納郵券 : 4,000円~
    その他、公告費用などがかかる場合もあるようです。裁判所やその他の条件によって必要な費用が異なりますので、詳しくは依頼した司法書士、弁護士にご確認下さい。
  2. 個人再生委員への費用
    20万円程度~
    再生委員への費用は、一括して予納する裁判所と分割で払い込む裁判所があります。また、再生委員が不要な場合もあるようですので、詳しくは依頼した司法書士、弁護士にご確認下さい。
  3. 司法書士、弁護士への費用
    個人再生の手続きを依頼したときの費用については、25万円~40万円程度が多いようですが、司法書士、弁護士によって報酬額が違います。
    各事務所にご確認いただければと思います。

債務整理・過払い請求に強い事務所紹介

あすなろ法律事務所
あすなろ法律事務所
あすなろ法律事務所は、借金問題解決のプロフェショナルです。
弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所
弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所
■■ ご安心下さい! 借金は必ず整理できます!! ■■
弁護士 齋藤 健博【虎ノ門法律経済事務所 所属】
弁護士 齋藤 健博【虎ノ門法律経済事務所 所属】
弁護士直通電話を完備し、LINEでの相談を受けています。
ゆうき司法書士事務所
ゆうき司法書士事務所
~ 相談を迷われている方、悩む前にまずはご相談ください! ~

弁護士・司法書士の紹介

主要都市  渋谷  | 新宿  | 池袋  | 横浜  | 名古屋  | 神戸  |   | 札幌  | 仙台  | 北九州
北海道 北海道 東北 青森県  | 岩手県  | 宮城県  | 秋田県  | 山形県  | 福島県
甲信越 新潟県  | 山梨県  | 長野県 関東 茨城県  | 栃木県  | 群馬県  | 埼玉県  | 千葉県  | 東京都  | 神奈川県
北陸 富山県  | 石川県  | 福井県 東海 岐阜県  | 静岡県  | 愛知県  | 三重県
関西 滋賀県  | 京都府  | 大阪府  | 兵庫県  | 奈良県  | 和歌山県 中国 鳥取県  | 島根県  | 岡山県  | 広島県  | 山口県
四国 徳島県  | 香川県  | 愛媛県  | 高知県 九州 福岡県  | 佐賀県  | 長崎県  | 熊本県  | 大分県  | 宮崎県  | 鹿児島県